痺れるホテル -Day 4-  使いまわしのお手軽シーン劇場☆

がちゃん☆
巨人店主-おじ様:"お、客か? いらっしゃいませぇ。" 
181214 FTS (1)

Elize RPG: ”私だ・・・。またよろしく頼む。”
巨人店主-おじ様:"おお、Elize様、今日もお泊りですか? 毎日ありがとうございますぅ。すぐにお食事を用意しますねぇ。(なんかこいつ、あれから毎日来やがるな。今日こそ料理に媚薬を盛って俺の奴隷にしてやるぜぇ。 しかしこいつ、日に日に元気がなくなっていきやがる。 まずは俺の料理で元気100倍にしないとベッドでつまらないな・・・。)" 
181214 FTS (2)

巨人店主-おじ様:"本日のメニューはメグちゃんシチューに丸パンとチーズ、羊のミルクとbaisanfeスープ改ですぅ。Elize様のためにプロテイン多めの乳製品でまとめましたぁ。(元気ないからかわいそうになってまた媚薬盛り損ねたじゃねーか。どーしてくれるんだ。こーなったら明日こそは媚薬てんこ盛りで俺無しでは生きられない奴隷メイドにしてやるぜぇ。)" 
181214 FTS (3)

Elize RPG: ”今日も美味い・・・だけだな。”
巨人店主-おじ様:"あぁ? だけ? だけってなんだよ? 料理は美味いのが一番だろ?俺がお前の為だけに赤字覚悟で高級食材を使って、お前を元気にするために俺様の最大の真心を込めて作った料理なんだぞ?(お褒めいただけて光栄ですぅ。ただ・・・美味いだけ、というお言葉が気になりますな。わたしめのおもてなしに何か不手際がございましたでしょうかぁ?) " 
181214 FTS (4)

Elize RPG: ”ううう・・・毎日こうしてお前の心のこもった料理とその優しさに甘え、お前は私を辱めるどころかいつも明日への勇気をくれて・・・。私はどうにかお前の気持ちに応えたいのに、、、、なぜ今日も私の食事に媚薬とやらが入っていないんだ! それとも私が女として未熟だから入れないのか? それとも入っているのに単純に私が愚鈍で効かないだけなのかっ! ”
巨人店主-おじ様:"(ちっ。計画がバレてたのか。でもこいつもこのブログ恒例の頭の悪いやつだからなんか勝手に感謝されてるぞ。) " 
181214 FTS (5)


Elize RPG: ”うう・・・うぇぇ。もう私はこんな気持ちでここに来るのは耐えられないっ!いっそのこと私をこの場で押し倒してくれ! それとも騎士として生きてきた私はお前にとって女としての価値すらないのか?”
巨人店主-おじ様:"うわぁ。こいつめんどくせー。こんなことなら変な同情しないで始めから媚薬てんこ盛りにして、最初からくっ殺状態で仲良ししておけばよかったぜぇ。 その後はこの宿で奴隷兼メイドにして売り上げアップなはずだったのに・・・・。 (だいぶお疲れのようですね? 今日はもうお休みください。お休み前にリンゴ酒とフローラル・アロマをご用意しますので、どうかゆっくり疲れを癒してください・・・。) " 
181214 FTS (6)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

巨人店主-おじ様:"おぉ。忌々しい、、、じゃなくって清々しい朝ですな。旅路、どうかお気をつけて" 
Elize RPG: ”・・・店主、昨夜は醜態を晒してすまなかった。 どうか・・・忘れてほしい。”
181214 FTS (7)


Elize RPG: ”もうここに来ることはないだろう。いつかお前の奴隷メイドとやらが見つかることを願っているぞ。 さらばだ。”
181214 FTS (8)

ーーーーーーーーーーー

~翌日~
がちゃん☆
巨人店主-おじ様:"お、客か? いらっしゃいませぇ。" 
181214 FTS (1)

Elize RPG: ”きょ、きょきょ・・・今日からご主人様に住み込みでご奉仕させて頂きますメイドです。よろしく頼む・・・じゃなくってよろしくお願いいたします・・・。”
巨人店主-おじ様:"え・・・えっと??? どちら様でしたでしょうか?" 
181214 FTS (9)

Elize RPG: ”お前に媚薬を盛ってもらえるまでここで世話になるぞ・・・じゃなくってご主人様に御寵愛頂けますようがんばらせていただきます。”
181214 FTS (10)


巨人店主-おじ様は仲間が増えた!
料理レベルが5上がった!
口コミ・レベルが3上がった!
宿屋の評判が8上がった!
用心棒レベル5,200を手に入れた!
淡い恋の気持ちを手に入れた!
181214 FTS (11)

ーーーーーーーーーーーー

Elize RPGさんは、さきゅちゃんの上司、サキュバスElizeの髪型と服を変えただけだったり・・・。さいきんごぶさたしてたので徴用してました^^
181214 FTS (12)

痺れるホテル -Day 3-

お客様に出すに恥じない料理を作るために、危険を顧みず食材の仕入れに出向き・・・

181213 FTs (1)


女性のお客さんを増やすために客室にはお花と、ちょっとずるいけどほんのちょっぴり香水でフローラルな香りを・・・。

181213 FTs (2)



いままで泊まってくださったお客さん(現在一人)の名前と職業は宿帳でなんども確認して記憶します。そして好きな食べ物、話した話題、夜這いに失敗した理由と反省点の追記・・・一流の宿屋になるための努力は怠りません。

コンコン☆

巨人店主-おじ様:"お?" 

181213 FTs (3)


さきゅちゃん: "よっ!! 部屋空いている? あとあたしね、暖かい食事も欲しいな!"

巨人店主-おじ様:"いらっしゃいませ。部屋は臭うほど空いてますよぅ。(やったぜ!女だ!)" 

181213 FTs (4)



巨人店主-おじ様:"そちらの宿帳にお名前を書いてください。すぐに暖かい食事を用意しますよぅ(媚薬てんこ盛りだがなぁ)。”

さきゅちゃん: "助かるよ! 今日も仕事に失敗してターゲットの男の子に通報されたり泣かれたり、女の子に手を出したら同性は無理って本気で拒否られたりで、あたしもークタクタだよ。"

巨人店主-おじ様:てかサキュバスかよ。しかもだいぶ薄幸そうで頭の悪そうなおバカ系だ。きっといままでだいぶ酷い目に遭っているに違いねぇ。気の毒で見てらんねーじゃねえか。ここはひとつ俺の料理の腕で元気にがんばれるようにしてやるぜ!(それは大変でしたねぇ。心中お察しします。せめて今夜は当ホテルにてごゆっくりおくつろぎください♡)" 

181213 FTs (5)

さきゅちゃん: "・・・あんたさ、もう素でやってったほうがほんの少しだけいい奴に見える

んじゃないかな?"

巨人店主-おじ様:”はい?”



痺れるホテル -Day 2- 揺れる心と真意の狭間

巨人店主-おじ様:"客がちっとも来なくてヒマだから、思わず呼び鈴を完全自作しちまったじゃねぇか。質感がビミョーだがいつもの事だから気にするんじゃねぇ。" 

コンコン☆

巨人店主-おじ様:"お?" 

181212 FTS (1)


Elize RPG: "部屋は空いているか? あと食事も欲しい。"

巨人店主-おじ様:"いらっしゃいませ。部屋は腐るほど空いてますよぅ。(やったぜ!女だ!)" 

181212 FTS (2)


巨人店主-おじ様:"そちらの宿帳にお名前を書いてください。すぐに暖かい食事を用意しますよぅ。(痺れ薬と媚薬てんこ盛りだがなぁ。)" 

181212 FTS (3)


Elize RPG: "助かる。仕事後で死ぬほど腹が減っているんだ。"

巨人店主-おじ様:"ではお荷物をお部屋に置いてしばらくおくつろぎください。すぐに調理をしてお呼びします。(こいつ見るからに不幸そーだな。なんかいかにも冒険であっけなく死ぬタイプだ。あと俺的にはもっとこう、肉感たっぷりなエロい魔法使いとか、線の細い吟遊詩人とかがいーんだがなぁ。)

181212 FTS (4)


---------------------------------------


巨人店主-おじ様:"お待たせしましたぁ。ラム酒とてんこ盛りパン、baisanfeスープとbaisanfeサラダです♡(ちっ。なんか勝手に気の毒になっちまって痺れ薬入れられなかったじゃねーか。)

181212 FTS (5)


Elize RPG: "店主・・・これは美味いな。なんだか母の味を思い出すようだ。"

巨人店主-おじ様:"当たり前じゃねーか、ばかやろう。俺を誰だと思ってやがる。俺は料理とえっちは大得意なんだよ。予算オーバーでがんばった俺の料理を食ってちゃんと生き残り次回も必ず泊まりに来やがれ。次こそ必ず媚薬を盛大に盛ってやるぜぇ。(褒めて頂いてありがとうございますぅ。お客様にそう言ってもらえるとタイヘン嬉しゅうございますぅ♪)”

181212 FTS (6)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



巨人店主-おじ様:"ちっ。まだ起きてやがる。これじゃ夜這いをかけられねーじゃねえか。やっぱり痺れ薬を盛っておけばよかったぜぇ。”

181212 FTS (7)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


巨人店主-おじ様:"おぉ。忌々しい、、、じゃなくって清々しい朝ですな。旅路、どうかお気をつけて。”

Elize RPG: "ああ。世話になった。またいつか泊まりに来た際にはまたあの食事を頼むぞ。"

181212 FTS (8)



ーーーーーーーーーーーーーーーー


巨人店主-おじ様:"ちっ。完全に赤字じゃねーか。次はエロいビショップか召喚士みてーなのが来ねえかなぁ。”

181212 FTS (9)


ーーーーーーーーーーーーーーー


Elize RPG: "あいつ、意外といい奴だったな。次回私は媚薬入りの食事を知らないふりして食べたほうがいいのだろうか? いや、それだと奴の為にならないから堂々と誘惑したほうが・・・。いや待て。なぜ私が奴に体を許す必要があるのだ? それにあんなに体がおっきいとちょっと怖いが・・・・で、でも、え・・・えっちが大得意とも言っていた・・・? ああ、わたしはいったいどうしてしまったのだ。"

181212 FTS (9)b




痺れるhotel


旅の宿を見つけたので、入ってもらおうと思ったら青い服の人同士だと狭い?しつこい?みたくなります。バトルローブ(右の人)の色を変えようと思ったら、ベタっとした濃い色にしかならず・・・textureからやりなおしたほうがいいみたい。

フィアーナ様:”宿屋は中止ね。まずは洋服屋さんに行きましょう。”

僧侶ちゃん:”ええー。どーせ盗難品かボーン破綻品しか手に入りませんよう・・・?”

181211 FTS (1)



ホテルの受付まで用意したのに、ちっともお客さんが来なくておじ様はさみしそうです。この前お嫁さんにしたメイドは来週から韓国に遠足行くから忙しいの、じゃあね☆って言って逃げました。宿屋を繁盛させて新しいお嫁さんを見つけるまでおじ様はがんばります。

巨人店主-おじ様:”羽ペンや看板まで用意したってのに、ぜんぜん客が来ねえっ! 俺の自慢の料理(+しびれ薬)の腕が振るえねえじゃねーか!”

181211 FTS (3)


バトルローブのファイル見てみたら、マスク用の濃いtextureをちょっと変えただけのものがはいっていました。ので薄い黄色を重ねたり比較的デテールの入ってたオキュレージョン?マップの一部をちょきちょき切って貼ったりして、ワイドレンジに色替え対応に修正・・・

181211 FTS (5)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


次から次へと手を出すので、何をどこまでやったか忘れたまま時間がながれていきます。

181211 FTS (4)



ごぶちゃんの収穫祭


ごぶちゃんの収穫